社員BLOG

プロジェクトについて ~担当 社員N岸~2014/09/30

皆様こんにちは。
昨年入社した社員N岸です。

 

今回は、私が今年7月まで参加していたプロジェクトについてご紹介させて頂きます。

 

案件の種類はネットワーク基盤構築、即ち業務で使うネットワークそのものを設計するというものです。
一口に構築と言っても、様々な段階が存在します。
大まかに分けると、

 

・要件定義(どんな機能が必要か調査)
・設計(どの機器をどう接続するか協議)
・構築(設計通りに機器を設置)
・運用・保守(正しく機能するようチェック、トラブルに対応)

 

などがあります。
私はこの内設計と構築に関わりました。

 

その現場では前年度にも基盤を構築しており、
その設計を流用して工数を削減しようという意図があったので、基盤再構築という表現が妥当かもしれません。

 

私が担当したのは、その前年度に作られた設計書の修正作業です。
大体400ページ程の設計書で、その内の約100ページの修正を任されました。
基本的に上司から修正内容を伝えられ、それを反映するという作業なのですが、これが苦労しました。

 

ネットワークの設計書なんて見たことも無い上に、読んでみれば知らない単語がずらり。
まず単語の意味を理解するところから始めねばなりませんでした。

 

また、修正してもその後のレビューで仕様変更が言い渡され、
それを元にまた修正、これを数回繰り返しました。(もっともネットワーク設計においてはこれが普通です)
何もかも初めてだらけで、上司や他のメンバーには随分迷惑を掛けてしまったと思います。
しかし、構築で機器が設計通りに配置されていく様は、感慨深いものがありました。

 

今回の案件で私が感じたことは、自分はまだまだ未熟であること、
そしてネットワークの世界は想像以上に奥が深いということです。
最初は分からなくても、学び続ける姿勢が重要なのだと教えられました。

 

次の案件に向け、資格勉強を再開しました。
生涯学び続けるつもりで、精進していこうと思います。

 

以上、ありがとうございました。

初プロジェクトについて ~担当 社員H~2014/09/10

皆さんこんにちは。
私は今年3月に入社した社員Hと申します。

 

今回は、今現在も参画させていただいている私の初めての案件について紹介させていただきます。

 

このプロジェクトが決まるまでは、多くの不安がありましたが、
営業の方々のフォローもあり楽しいエンジニア生活を過ごしております。

 

私がプロジェクトで行っている業務は、プロジェクト先企業の社員の方のためのサポート業務になります。
主に、「社員の方が使う会社貸与端末への社内システム利用のための設定・キッティング」や、
「会社貸与端末・部署ごとに設置しているプリンター・社内システム」等に関する障害対応・操作説明になります。

 

どんなプロジェクト先でも入場の時は不安だと思います。
私も大きなオフィスに気持ちを飲まれすごく不安だったのを覚えています。
しかし、環境や人間関係の不安はすぐに解消しました。
同じチームの方たちはとても優しい方ばかりで、
「分からないことがあれば、作業中であっても質問してほしい」との言葉をいただいて、
分からないことを聞きやすくなりました。

 

私のチームでは、基本的にNotesというソフトのデータベースから問い合わせを受付け、
メールにて対応しますが、業務メールというものを送った経験がLainZでの研修時ぐらいだったため、
不安でしたが周りの方も丁寧に指導してくださり、サンプルメールもあったためすぐに慣れることができました。

 

しかし、最近まで怖かったのが電話でした。
プロジェクト先は大企業ということもあり、様々な部署があり聞き取れない事も多々ありました。
何より電話の音で内線か外線か判断するのが難しく、聞き分けるのに苦労しました。

 

最初のころは、何をすればいいか分からずに指示があるまで何もできない自分でしたが、
徐々に自分で仕事を見つけて行動できるようになりました。
電話の聞き分けができる頃になると、できることも増えて
長く感じていた勤務時間も短く感じるほど、充実しているのを感じるようになりました。

 

その日の業務で対応したこと・明日に持ち越す業務を書きだすことは、
自分の抱えているタスクを把握して明日の業務を滞りなく行うために必要となります。
しかし、最近は自分の対応状況を書き出すことで、
「どのような対応ができるようになったのか」を見て実感し、
「どんな対応が大変だったか」を思い出して達成感を感じるようになりました。

 

業務を振り返り、自分のモチベーションを上げることで得たもの、又は足りないものが視覚化できることが
対応状況やLainZのモチベーションブログの最大の利点だと今更ながら痛感しました。
この様に自分が得たもの・自分に足りないものを認識することが、
自分が成長するうえで最も大切なことだと実感しました。

 

今後も自分に足りないものを意識し、モチベーションを維持しつつ周りから吸収していきます。

 

以上、ありがとうございました。

■■□□説明会のご案内□□■■2014/09/2

LainZでは、定期的に会社説明会を行っております。
少人数で和気あいあいとした雰囲気の説明会です!
IT業界で働きたい方、ITに少しでも興味がある方は是非ご参加ください!

■■□□説明会のご案内□□■■

開催日時  2014年9月10日(水)14時00分

開催日時  2014年9月11日(木)15時00分

開催日時  2014年9月16日(火)14時00分

開催日時  2014年9月19日(金)16時00分

開催日時  2014年9月26日(金)14時00分

■場所:東京都中央区日本橋人形町1-11-2 川商ビル2F
■地図:http://lainz.jp/access.html
■持ち物:筆記用具のみ

□□■■□□■■□□■■□□■■

内容としては、
LainZのことは、もちろんのことIT業界の現状や
エンジニアとしてどのような将来があるかなども合わせてお話ししております。

また、もっとも質問が多い研修についてですが、
使用しているテキストを実際に手に取ってご覧になることも
研修をしている風景をご覧になることもできます。
気軽に会社説明会に参加していただけるような
雰囲気づくりは、常に心掛けておりますので、ご安心ください。

参加希望また、お問い合わせにつきましては、
採用担当 武田(lz-recruit@lainz.jp)まで、ご連絡ください。
多くの方々の参加をお待ちしております。

以上となります。
よろしくお願い致します。

初プロジェクトについて ~担当 社員N~2014/08/20

皆様こんにちは。
2014年5月に入社したNです。
入社後1ヶ月間はCCNA取得に向けた研修を受け、7月中旬から現在の常駐先への入場となりました。
常駐先では、現在使われている通信システムにVoLTEを導入し、音声通信もLTEにしよう、というものです。
VoLTEが導入されることで、通話での音質が今までよりももっと良くなるようです。

 

私は現在、パラメータ管理窓口という部門に配属されています。
そこでは、NW(ネットワーク)チームが設定書通りにシステムにパラメータの設定をしているかの確認をしています。
つまり、最終確認をする部門です。
ここでパラメータが間違ったまま承認してしまうと、システムに大きな支障が発生してしまうので
パラメータに間違いが無いかを幾重にも確認します。とても責任ある部門です。
目視でチェックすることもあれば、ツールを使ってチェックをすることもあります。
間違っていた場合、NWチームへお知らせし修正していただくので、NWチームとのやりとりも不可欠です。
NWチーム内も複数に分かれていて、それぞれの担当者からパラメータチェックの申請を受理し確認するので
いきなり忙しくなったり落ち着いたり、仕事の波が激しく変わります。
効率よく、速く、間違いなくが大切です。
ツールの使い方、Excelの使い方を熟知することで
スムーズに仕事を行えますので、現在はこれらの扱いを必死に勉強しています。

 

IT業界は、ただひたすらパソコンの前にいるという印象が強いですが
私の部門では週に3、4回ほど会議をし、パラメータチェックの進捗状況の確認や
パラメータのレビューをするので、コミュニケーション能力がある方が仕事の進捗も良くなると思います。

 

今はまだ分からないことだらけですが、長い作業が終わった時の達成感はやはり気持ちいいです。
こういうのもやりがいなんだなぁ、と思いながら毎日仕事に励んでいます。
将来は弊社の人事部の担当になり、仕事のやりがい、IT業界で得られるものを伝えていきたいと考えております。

 

私からは以上となります。ご縁がありましたら是非お会いしましょう。

 

現在のプロジェクトについて ~担当 社員J~2014/03/28

皆さん、こんにちは

私は昨年入社しました社員Jと申します。

最近は喜ばしいことに暖かくなって参りましたね。 今年も桜満開な景色を見られると思うと楽しみで仕方がありません。

 

さて、今回は私が入社したての12月に経験しました業務についてご紹介させて頂きます。 IT企業未経験の方はパソコンを前にして作業をしていると考えている方が多いと思います。私もそうでした。

しかし、この案件は実際に現場へ足を運んで、デットスポットが無くなるようにアンテナを仮設置して、そこを中心として電波が届く範囲を検証する作業でした。

“アンテナ設置→IP電話で通話できる範囲の検証→ホットスポットのマッピング” 以上の繰り返しをして、現場全域に電波が届くようにしておりました。

業務中に辛かった事は、機材の運搬作業でした。アンテナや検証で必要な機材、バッテリーを持ち運ばなければなりません。移動先が平地ならまだ良いのですが、現場には約50mの高所の頂上に上らなければならない事もありました。

季節が冬でもあったので、冷たい風に打たれながらの作業では顔が寒さで痛かったです。 この業務では、工事現場の中に入るという貴重な機会を頂き、普通の業務では立ち入れない場所に入ることができました。そういう特殊な環境に入って作業できるというのも、この業界の利点だと私は考えています。

今回の作業では知識はいらないとか?と感じた方もいらっしゃると思いますが、 どんな業務でも、作業している今の過程が、どんな結果を生み出すのかイメージすることができるので、知識はあった方がより集中して業務に臨めると感じます。

 

このように、IT業界の仕事にはパソコンを前にするだけではない事を認識して頂けたら幸いに思います。 これから先、様々な現場に常駐し、様々な業務をしていくと思いますが、その先々で経験を積んでいこうと思います。

 

以上となります。

ありがとうございました。