社員BLOG

初プロジェクトについて ~担当 社員N~2014/03/27

皆さんこんにちは。

私は2014年11月入社の入社社員Nです。

ITの経験など皆無に等しかった私ですが、鞭に打たれながら一歩一歩進もうと頑張っております。

今回は私の経験した初めての案件についてお話させて頂きます。

私は去年の11月に入社研修後に、12月から3ヶ月間、LTEコアの増設作業に従事していました。
LTEとは、携帯電話の通信規格のひとつで、現在主流となっている3Gをさらに高速化させたものです。
各ネットワークキャリアベンダーは続々とLTE用の設備を増やしており、その中心業務を担当しました。

私が配属されたのは、サービスに接続される前の機器を検証・調整(単体調整と言います)するチームで、
作業は全国に点在するネットワークセンターで行われるので、あちこちに出張しなければなりません。
私のチームは、主に東北・北陸地方のセンターを周りました。
出張自体が初めての上、寒いのが苦手な私には少々辛かったのは正直なところです。
(今年に限って言えば、東京の方が大変だったようですが)

主な業務は、手順書に従ってコマンドを入力し、出力された結果を本に異常がないかを確認することでした。
接続する前段階とは言え、動作の正常性、通信経路、電源の冗長構成、他の機器との接続等、確認する項目は多岐に渡ります。
さらに、通信サービスという特性上、ひとつの見落としが広範囲に影響を及ぼすので、毎回の作業は緊張の伴うものでした。
研修では教わらなかったコマンドが指示される事も多々あり、その度にチームの先輩方に迷惑を掛けてしまうこともありました。

悪戦苦闘の連続でしたが、その分システムとコマンドについては、理解が深まったと感じています。
研修だけでは分からない、現場の雰囲気を知ることも出来ました。分からない事があった時、
その都度優しくご指導してくださった先輩方には、感謝の念に堪えません。
この経験を生かし、次の案件はより良い成果を出せるよう、精進して行きます。

また、お話しする機会があれば成長している姿をお見せできるかと思います。

初プロジェクトについて ~担当 社員J~2014/03/5

皆さん、こんにちは!

私は昨年末に入社した社員Jです。
ITの経験など皆無に等しかった私ですが、鞭に打たれながら一歩一歩進もうと頑張っております。
さて、だんだんと冬から春へ移る今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

私は先日まで、某ICにてL3スイッチの切り替え作業を行っておりました。
具体的には切り替え作業前後に関連した宛先へPingを飛ばして通信が可能であるかを調べるのが、主な業務内容です。
シンプルで簡単な作業に感じますが、それは通信確認が成功した場合であり、
失敗した場合は切り替え作業前後に原因を特定してPingが通るようにしなければなりません。
切り替え作業中は5分で終わらせなくてはならず、緊迫とした空気の中で作業を行います。

 

私は入社後の研修でCCNAやCCNPの知識があったのですが、
実際に業務として直面してみると、何故失敗したのか原因はさっぱり分からない始末。
この作業は私一人だけではなく、他のメンバーもおりましたので無事にPingは通りましたが、
これが私1人と考えた場合は冷や汗が止まりません。
結局、始めの数日は、一人で心中慌ただしくしておりました。

序盤は上記の通りでしたが、中盤からは新しいトラブルが発生した場合も
原因の特定とまではいきませんが、理解できるようになりました。
作業自体もソフトウェアに慣れ、スムーズに作業ができたと思います。
業務終了後にはチームの方からネットワークの基礎のソフトウェアは使えるようになったとお達しを受けました。
業務中は辛かったと感じましたが、終わった今では感慨深いものがあります。

 

今回で学んだ知識や経験は次の案件でも活かせるものだと思いますので
次の案件も難しいことや辛いこともあると思いますが、
同時に技術や知識を吸収し、一歩一歩エキスパートへと進んでいこうと思います。
どんな業務でも苦労はつきものでそれを乗り越えてこその
成長があるんだなと短いプロジェクトの中でも感じました。

 

それでは皆さん、また機会があれば、この場でお会いしましょう。

LainZでの研修について ~担当 社員S江~2014/02/24

みなさんはじめまして、

私は1月に入社し、1ヶ月間、「CCNA研修」を受けたS江です。

 

研修は、
前回の復習 ⇒ 講義 ⇒
実演(仮想マシンを用いた機器設定・コマンド投入、IPアドレス計算問題など) ⇒ 各自自習
といった流れで行なわれます。

講義は専用のテキストが各受講者に配布され、それを用いて行なわれます。
市販のCCNAテキストとぶ厚さだけで比較すると、かなり薄いのですが、内容が凝縮されており、
後ろに各用語の目次やコマンド投入時のイメージなどの情報もあるため、使い勝手は◎です。
市販のテキストも買ってはいたのですがほとんど使わず、
受講したテキストに足らないと思う情報を書き入れ、それを使っていました。

 

自習で覚えたことへの見直しをすると、全然頭の中に入っていない分野もあり、苦戦する事もありました。

弊社では、受験対策のための問題集も独自に用意されているため、
そこからすぐに自身の弱点を見つける事が出来ます。

 

研修を終了しての感想ですが、1ヶ月間でよくまとまった講義だったと思います。
講義+自身で勉強で、2/1にCCNAを獲得するに至りました。
元々、教育に目を向けている会社に移りたいと考えて、こちらに来た身としては非常に嬉しかったです。
以降はこれに驕らず、実務や次の資格も狙ってみよう(実はもう目星はつけていますが)と思います。

拙い文章ですが自分からは、以上になります。

LainZでの研修について ~担当 S田~2014/02/18

皆さんこんにちは!

2014年度の1月入社組のS田です。

CCNA研修については前者が既に記載しているので

今回はCCNA研修で使用した教材を簡単に紹介します。

【講義テキスト】

テキスト自体は厚くないです。

試験ノウハウが簡潔な文書でまとまっている為

非常に分かりやすい作りになってます。

【問題集】

CCNA試験に近い形で出題されます。

私はこれをやっていたら割と早く問題慣れしました。

【シミュレーションソフト】

図を使用し機器の操作や設定が可能です。

これ重要ですね。

触れる触れないでは試験勉強時間に大きく差が出ると思われます。

上記3点、やり尽くせばCCNA試験合格レベルに達します!

・・・とまぁ何を伝えたいかよく分からない回となりましたが

この辺りで終了します。

LainZでの研修について ~担当 TT~2014/02/4

はじめまして、第1回目の社員ブログを担当するTTと申します。

私は1月に入社しまして、先日までは研修を受けておりました。
「ビジネスマナー研修」、「CCNA研修」がカリキュラムとして
組まれており、出社から退勤するまでの間、みっちりと研修を受けておりました。

ビジネスマナー研修についてですが、社会人としての心構え、身だしなみ、
話し方・聞き方、電話応対、来客応対、名刺交換といった一般的なマナーについて学びます。
私の場合、転職で入社した為にある程度知っている中で受けましたが、
再度マナーを学び直す事で、今までの自分を見直すきっかけになりました。

CCNA研修についてですが、こちらは1ヶ月間でCCNAを取得するプログラムです。
CCNAとはCisco社が認定するベンダー資格です。
ネットワークエンジニアとしての入門資格として位置づけています。
LainZでは、1ヶ月で講義&実習を行い、模擬問題を解いていき最終的に試験合格するものです。
私は、プロトコルやIPについてはある程度知っていたので、講義や実習はスムーズに進められました。
途中疑問点があれば、担当講師に直接聞ける環境なので、すかさず自分のペースで解決できました。
また、ネットワークについて知らなくても、基本的な所から学ぶので問題ないと思います。

研修を終了しての感想ですが、
CCNA資格取得に向けて、用語を覚えるのが本当に大変でした。
Cisco独自の用語もあるので、混乱したりして苦労しました。
しかし、根気?があれば取得できると思います。
帰宅してから、また、休みの日も復習して努力のがよいかなと思います。

以上

9 / 9« 先頭...56789