ブログ

2017年10月

2017年10月27日

社内技術研修について

こんにちは。

2015年入社のKOと申します。

 

今回は、LainZの研修について紹介させていただきます。

といいますのも、本ブログを読まれてる方は、学習意欲も高い方が多いと思うからなのですがいかがでしょうか。

 

LainZでは、入社後に1ヶ月間研修を行いますが、

その他に毎月複数回、グループ会社の社員による研修が業務後に開催されておりこちらに参加する事が出来ます。

研修内容は、NW、サーバー、プログラミング、ビジネスマナー、リーダーシップなど多岐に渡ります。

 

私も入社後はいろいろな研修に参加してきました。受けた研修は

WindowsServer/JP1/Scala/CCNP SWITCH/NW障害切り分け/AWS/ITインフラ研修/Subversion/ロジカルシンキング

などです。

 

研修の内容をいくつか紹介しますと、

「NW障害切り分け」の研修では、講師の実体験に基づく、不具合の事象からどう切り分けて、

どう対処したかを問題形式で解いていきました。

「AWS」の研修では、グループ企業でソーシャルゲーム開発/運用を行っている社員が講師となり、

実際のAWSの運用経験を交えてAWSの使い方を教えていただきました。

 

実務経験者が講師となることが多いため、現場での話なども聞くことができます。

これは自分のキャリアを考えていくのによい参考になるのではないでしょうか。

 

私の場合は、とりとめもなく研修を受けてしまっている気もしますが、そこは気にしないであげてください^^

 

最後に研修は自分で開催する事も出来ますので、LainZに入社した際は是非挑戦してみて下さい。

以上、簡単ですが研修の紹介でした。

© 2008 - 2017 LainZ Co., Ltd. All Rights Reserved.